収入と信用情報が審査に影響する

収入と信用情報が審査に影響する

クレジットカードを作るには収入の情報は必要

収入と信用情報が審査に影響する

クレジットカードを作る際に申し込み用紙に収入を書く欄があるのは、この収入額からクレジットカードをあなたに渡していいか審査が行われているためです。クレジットカードを利用することは実際には、間接的にお金を借りていることになりますので、そのお金を返す必要があります。

 

そのお金を返済するには収入がなければ返済することはできません。収入の金額から、クレジットカードを作って利用してもきちんと使用した分だけ返済してくれる人なのかどうか判断しているのです。クレジットカードには基本的に担保はなく、信用できる相手でなければクレジットカードを発行してはくれません。

 

誰かから困っているので、お金を貸してほしいといわれても信頼できる人でなければお金を貸すことはないのと同じです。

 

信用情報により審査が行われる

もう一つ重要な判断材料として、信用情報というものがあります。申し込みをした相手が今までどのような借り入れを行ってきて返済をきちんとしているかということが分かる情報です。その情報を扱っている機関を信用情報機関といいます。

 

その中にはCICやJICC(日本情報信用機構)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)、KSCなどの機関があり、それぞれが情報を管理しています。すべての情報を問い合わせて、その情報の中に、返済を怠っていた情報があげられていたり、未返済のものがあったりすると、審査に通るのは難しくなります。

 

日ごろの支払いが信用につながる

信用情報の中に、そういった返済に問題があるような情報が載らないように、きちんと借りたお金は期日までに返済できるようにしておく必要があります。信用情報にのってしまうと、それ以降のクレジットカードの作成ができなくなってしまう可能性が大きくなります。

 

審査が甘いクレジットカード会社でも審査に通るのが難しくなってしまうので、信用が得られるように計画的にお金を借りて返済していけるようにしましょう。

関連ページ

クレジットカードの申し込み方法
現金の持ち合わせがなかったり、多額の買い物をするばあいなどにすぐに買い物が出来たりなど、いろいろな場面で利便性の高いのがクレジットカードの魅力です。この便利なクレジットカードを作る際の申込みの方法についてわかりやすく解説していきます。
クレジットカードの審査基準と内容
いろいろな場面で非常に便利に支払いができるクレジットカードは一度その便利さを知ってしまうと、なくてはならないものになってきますよね?しかし、クレジットカードは審査を通らなければ作れません。ここでは、クレジットカードの審査基準とその内容についてわかりやすく解説していきます。
クレジットカードの審査とは
大人の買い物には、クレジットカードを使用してスマートに決めたいものですよね?ここでは賢くスマートにクレジットカードで買い物などをするための、クレジットカードの審査についての基本について解説していきます。