クレジットカードの審査とは

クレジットカードの審査とは

クレジットを作るには審査に通らなければいけない

クレジットカードの審査とは

今では18歳以上の人はクレジットカードを利用して買い物をするのが多いのではないでしょうか。18歳未満の人でも家族カードで作ったクレジットカードを利用して買い物をすることが多いようです。デパートやショッピングモールなどでも、そこの会社の独自のクレジットカードを作るよう勧めが来るので、関係するクレジットカードを作る人も多くいるようです。

 

ポイントがたくさんたまったり、割引制度があったりするので、よく利用するお店でクレジットカードを作ることがお得です。このように簡単に作ることができるようになったクレジットカードですが、クレジットカードを作る際には、審査が必要となってきます。

 

その審査を通らなければ実際にはクレジットカードが手元にきて利用することは出来ません。では審査にはどんなものがあるのでしょうか。

 

審査に通るためには

クレジットカードを作るための審査は、作成したそれぞれの会社によって違ってきますが、基本は同じといえます。まず、申込用紙に必要事項がきちんと書かれているか、間違っているところはないか確認されます。その後、本格的な審査が始まるようです。

 

審査されるのは、返済能力があるかどうかということです。クレジットカードで支払いをするということは、お金が月末に口座から引き落とされるまで会社側がお金を貸しているということになりますので、そのお金を返せる人でなければ作ることを許可しないのが普通です。

 

クレジットカードは無担保なので、その人自身が信用できる人かどうかを審査しています。その為、判断材料として申込用紙に会社や年収、継続勤務年数、借入金額などが記入する欄があるのです。家や車などの資産も書く欄がありますが、そういった資産を持っていると担保になりうるので、クレジットカードの審査には通りやすくなるといわれています。

 

そして、今までに作成しているクレジットカードなどで借りているお金を延滞などせずに支払いを行っているか事故情報から調べます。延滞する人なのか、それとも約束を守って支払する人なのかということを判断されます。

 

審査は会社ごとに異なる

このようにしっかり審査を行っている会社もある一方で、支払いの機能だけでなく、キャッシング機能がついていても、審査が甘い会社もあります。より多くの人に利用してほしいということから審査が甘い、つまり基準が低いといえる会社があります。

 

クレジットカードを作成するときに審査に引っかかってしまい作成できなかったことがあるなら、審査が甘いクレジットカードに申し込んでみるのもよいでしょう。

関連ページ

クレジットカードの申し込み方法
現金の持ち合わせがなかったり、多額の買い物をするばあいなどにすぐに買い物が出来たりなど、いろいろな場面で利便性の高いのがクレジットカードの魅力です。この便利なクレジットカードを作る際の申込みの方法についてわかりやすく解説していきます。
クレジットカードの審査基準と内容
いろいろな場面で非常に便利に支払いができるクレジットカードは一度その便利さを知ってしまうと、なくてはならないものになってきますよね?しかし、クレジットカードは審査を通らなければ作れません。ここでは、クレジットカードの審査基準とその内容についてわかりやすく解説していきます。
収入と信用情報が審査に影響する
持っていると非常に便利なクレジットカード、これを作るには審査でOKとならないと作れないですよね。ここでは、このクレジットカードの審査を通すためには非常に重要な収入と信用情報と、その審査に係るポイントについてわかりやすく解説していきます。