クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードの申し込みをするには

クレジットカードの申し込み方法

誰もが持っているクレジットカードですが、どうすればクレジットカードを作ることができるのでしょうか。ほとんどは勧誘されて作る人が多いのかもしれません。デパートやショッピングモールなどで、クレジットカードを作らないか勧誘されることがあるかもしれません。

 

他にはインターネットから個人で申し込みをすることもできます。必要情報を申込用紙に記入するか、インターネット上で入力することによって申し込みすることができます。クレジットカード会社によって申込用紙が異なっていますので、よく注意して記入しましょう。ショッピング枠やキャッシング枠がついているならどれくらいの金額にするのか決める必要もあります。

 

最初から審査結果に応じて決められてしまうこともありますので、確認しましょう。それらを記入して提出したら手続きが開始され、クレジットカード会社で審査が行われその人がクレジットカードをもって利用した際に返済能力があるかどうかを見られます。

 

その審査に通過すると結果が通知されて、クレジットカードが本人宛に送られてきます。その後手元に届いたらすぐにクレジットカードを利用することができるようになります。

 

申し込みに必要な情報

申し込みの際にはどんな情報が必要となってくるのでしょうか。本人の名前や住んでいる場所はもちろんですが、身分証明書に記載されている情報がまず必要になってきます。また本人確認書類のコピーも必要です。またどこに勤めているのか、年収、勤続年数などの記載も必要です。

 

資産があれば、金融資産や不動産資産を記入する欄があったり、申し込み現在に借り入れを行っているならいくらぐらいなのか記入する欄もあります。家族カードなどの申し込みを行う場合には、家族の情報も記入しなければなりません。

 

暗証番号も記載する部分がありますので、忘れないようにしましょう。

 

記入漏れは審査に影響する?

記入忘れをしてしまうと、申し込みしたのに一度審査に落ちてしまうことがあります。そこから再度クレジットカードを作り直さなければならなくなります。これらの記入が漏れていないか確認して、提出し手続きを行うようにしましょう。

 

記入漏れなどがある場合には、書類が戻ってきて時間がかかってしまいますので、注意しましょう。申し込みをきちんと行って早くクレジットカードを利用できるようにすれば、買い物の幅も広がることでしょう。

関連ページ

クレジットカードの審査基準と内容
いろいろな場面で非常に便利に支払いができるクレジットカードは一度その便利さを知ってしまうと、なくてはならないものになってきますよね?しかし、クレジットカードは審査を通らなければ作れません。ここでは、クレジットカードの審査基準とその内容についてわかりやすく解説していきます。
収入と信用情報が審査に影響する
持っていると非常に便利なクレジットカード、これを作るには審査でOKとならないと作れないですよね。ここでは、このクレジットカードの審査を通すためには非常に重要な収入と信用情報と、その審査に係るポイントについてわかりやすく解説していきます。
クレジットカードの審査とは
大人の買い物には、クレジットカードを使用してスマートに決めたいものですよね?ここでは賢くスマートにクレジットカードで買い物などをするための、クレジットカードの審査についての基本について解説していきます。